根管治療とは?

根管治療は、主に重度の虫歯に対して行う治療です。
強い痛みがある・抜歯を勧められている場合でも、自分の歯を残すために行います。

再発すると難しくなるため、最初から成功率の高い治療を受けて、しっかりと治すことが重要です。
歯周病など、他の症状に対する治療を合わせて行わなくてはならないケースもあります。

根管治療が必要な歯とは

虫歯は、歯の表面から奥に向かって進行していきます。

健康な歯
健康な歯
C1(エナメル質の虫歯)
C1
(エナメル質の虫歯)
C2(象牙質の虫歯)
C2
(象牙質の虫歯)
C3(神経に達した虫歯)
C3
(神経に達した虫歯)
C4(歯根に達した虫歯)
C4
(歯根に達した虫歯)

根管治療は、神経に達する「C3」の虫歯や、歯の根に達している「C4」の虫歯に対して行う治療です。

C3段階の虫歯とは

C3段階の虫歯

穴が空き、ズキズキ痛む状態です。

飲み薬などで一時的に痛みが和らいでも、解決にはなりません。

細菌が神経(歯髄)に達しているため、「歯髄炎」とも言われます。

歯髄(神経)の4つの役割

  1. 痛覚を保って、危険信号を伝える
  2. 歯に栄養を供給し、強い歯質を保つ
  3. 象牙質を形づくり、軽度の虫歯を自然に治す
  4. 歯の免疫機能を維持する

歯の健康を保つためには、可能な限り歯髄を残す必要があります。

歯髄炎の原因

原因は、虫歯の進行だけではありません。

  • 前に治療した部分から細菌が入り込む
  • 交通事故や転倒などで歯が折れる(打撲・脱臼も)
  • 歯ぎしり・くいしばり(ブラキシズム)による刺激が強い
  • 歯科治療時の刺激(歯を削る処置・治療で使う材料中の化学物質)

なお、部分的に炎症が起きているだけで、細菌感染は起きていない場合もあります。

その状態は「可逆性歯髄炎」と呼ばれ、この段階で正しい治療を行えば、歯髄を残せる可能性が上がります。

神経を残せない場合は「抜髄」を行う

抜髄を行い密封した歯

歯髄(神経)を残せない場合は、細菌感染を起こした歯髄をきれいに取り除く、「抜髄(ばつずい)」と呼ばれる治療を行います。

感染した部分が残っていると再発するので、しっかり除去することが必要です。

治療後には、きれいになった根管を詰め物・被せ物で密封し、隙間から細菌が入り込まず、かつ増えない状態を作ります。

歯髄を残せるかどうかのチェックポイント

歯科医院では、電気診・温度診・視診・打診・透過診・切削診・レントゲンなど様々な観点から細かくチェックします。

目安となるポイントを紹介するので、参考にしてください。


歯髄を残せる歯髄炎(可逆性歯髄炎)
  • 冷たいもの温かいものを飲むとしみることはあるが、すぐに収まる
  • 何もしなくても痛い、ということはない
歯髄を残せない歯髄炎(不可逆性歯髄炎)
  • 冷たいもの温かいものを飲むとしみることがあり、痛みが長く続く
  • 何もしなくてもズキズキ痛む
  • 夜になると痛くなる
  • 食べ物を噛んだ時に痛い

C4段階の虫歯とは

C4段階の虫歯

歯の大部分が溶けて、なくなっている状態です。

神経が壊死している(歯髄壊死)ため、一時的に痛みを感じなくなります。
触ってわかるような歯茎の腫れや、歯の変色が見られることもあります。

細菌が歯の根に達すると「根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)」と呼ばれます。
治療を受けたことのある虫歯で起きることも多いです。

自覚症状はなくても、レントゲンで異常が見つかることがあります。

膿(うみ)ができると痛みが再発

膿(うみ)ができると痛みが再発

細菌が歯の根に達すると、細菌と戦った白血球の残骸などによってできた膿(うみ)が現れ、痛みが再発します。

膿があるかどうかは、お口の中を見てもわかります。

食事中などに噛んだ時の違和感・強い痛みが主な症状で、痛みは膿の袋が大きくなればなるほど強くなります。

放っておくと怖い根尖性歯周炎

細菌感染は、お口の中だけでは収まりません。

根尖性歯周炎が悪化すると、細菌は顎など周囲の骨にも影響を及ぼし「顎骨骨髄炎(がくこつこつずいえん)」「骨膜下膿瘍(こつまくかしゅよう)」といった症状につながります。

身体の抵抗力が弱いと、顎骨骨髄炎・骨膜下腫瘍が顎骨周囲炎(がくこつしゅういえん)へと進行し、さらに蜂窩識炎(ほうかしきえん)から敗血症を引き起こし、最終的には死に至る可能性もあります。

「感染根管治療」で感染した部分を取り除く

抜髄を行い密封した歯

壊死した神経(歯髄)だけではなく、細菌感染を起こしている部分全てを取り除く「感染根管治療」を行います。

膿の袋を取るための外科的根管治療が必要になることもあります。
また、歯の根を切除して感染源を取り除く「歯根端切除」も行うことがあります。

その後はC3の段階と同様、無菌状態となった根管を詰め物・被せ物で密封して完了です。

虫歯でない歯が痛むケース

  • 虫歯の隣の歯や噛み合う歯が痛む
  • 虫歯が原因で顔面・頭部が痛い

など、原因となる歯以外の場所が痛むこともあります。

こういったケースは、歯痛錯誤(しつうさくご)・関連痛と呼ばれます。

歯を残せる適切な治療を行うため、痛みを感じている部分以外に原因がある可能性も含めた、丁寧な検査が必要です。

奥歯の虫歯で顎・耳のあたりが痛む

虫歯が原因で顎・耳が痛むケース

上の奥歯の虫歯が原因で、顔の横・耳のあたりが痛むことがあります。

下の奥歯が虫歯だと、下顎・耳のあたりが痛むケースも見られます。

  • 参考:Okeson JP : Deifferential diagnosis of toothache : Odontogenic versus nonodontgenic pain.Seitzer and Bender’s Dental Pulp, 2nd ed (Hargreaves KM, et al (eds)). Quintessence Publishing, IL, 2012, 447-469

歯痛錯誤の一例

上顎の歯痛錯誤
上顎の歯の種類 痛む場所
切歯(前歯を含む4本) 前頭部の頭痛
第二小臼歯・第一大臼歯
(真ん中から奥歯)
上顎
第二・第三大臼歯(親知らず)
下顎の歯痛錯誤
下顎の歯の種類 痛む場所
切歯・犬歯・第一小臼歯(前歯から真ん中にかけて) オトガイ部(顎の前方)
第二小臼歯(真ん中あたり) オトガイ部
下顎枝中央部(あごの横)
第一・第二大臼歯
下顎角部
(あごの横の角)

虫歯ではないのに歯が痛むこともある

反対に、虫歯ではない他の病気が原因で歯が痛むケースもあります。

虫歯が原因ではないと思われる場合は、以下の症状を疑って検査を受けることをおすすめします。

疑いのある症状の例
  • 上顎洞炎(じょうがくどうえん。鼻が詰まる・黄色い粘り気のある鼻水が出るなどの症状)
  • 顎関節症(がくかんせつしょう)
  • 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)
  • 消化器疾患(噴門痙攣症など)
  • 甲状腺疾患
  • 神経血管疾患(偏頭痛、偶発疼痛など)
  • ウイルス感染症(帯状疱疹など)
  • 内分泌疾患(糖尿病など)
  • 悪性腫瘍
  • 筋・筋膜痛症候群(筋肉に原因がある痛み)
  • 三叉神経痛(神経が血管に当たって顔の一部が痛む症状)

歯根吸収の起きた歯

歯根吸収とは、文字通り歯の根が吸収されることです。

自覚がないことも多いですが、炎症を起こして痛みを伴うケースもあります。
症状によっては、抜髄や感染根管治療、歯根端切除が必要です。

大きく、内部吸収・外部吸収の2種類に分類されます。

内部吸収

内部吸収

内部吸収とは、歯の内側に組織が入り込む症状です。

歯質が薄くなり、外からピンク色に見えることもあります。

薬で抑えられることも多いですが、進行状況によっては抜髄が必要です。

外部吸収

外部吸収

外部吸収は、歯根が細くなり、先端が短く失われてしまう症状です。

そもそも根尖性歯周炎が原因で起こることもあり、歯周病・ケガ・矯正治療などによる圧力が原因であるケースも考えられます。

ごく稀ですが、神経を取ってしまった歯の漂白に使う薬剤が原因となることもあります。

歯髄壊死や細菌感染を伴う場合は、感染根管治療・歯根端切除を行います。

歯周病を併発している虫歯

歯周病を併発している虫歯

「歯周病だと思っていたら虫歯だった」というケースもあります。
虫歯の症状が歯周病に似ることがあるためです。

歯周病が原因でも歯髄の感染が起き、歯髄が壊死します。
このパターンは歯周病の検査で発覚することが多いですが、それぞれ独立して発症する場合もあります。

根管治療で両方とも治る?

根管治療で、虫歯だけではなく歯周病も治るケースもあります。

両方適切に治療しなくてはならないパターンもありますが、多くは並行して治療することになります。

歯周病についても詳しく検査した上で、根管治療を受けると安心です。

歯周病治療について

根管治療の行程

細かな行程は、抜髄のみか、感染根管治療が必要か、歯根端切除を伴うかで変わります。

おおまかには次の3ステップです。

  1. 細菌感染している部分を取り除く
  2. 充填剤で埋める
  3. 封鎖する

なお、保険診療の根管治療と自由診療の精密根管治療では、それぞれの行程で使用する機器や材料が異なります。

治療期間の目安

個人差はありますが、治療回数の目安は2~3回です。
感染部分を取り除いた後、治癒傾向が認められたら修復治療を進めます。

しかし、炎症が収まり、組織が回復して治療時の傷跡もなくなるまでには、一定の期間が必要です。

経過は症状により異なるものの、完治(傷跡が完全になくなる)までの目安は、以下の通りです。

  • 抜髄のみ:3~6ヶ月
  • 感染根管治療:6ヶ月~1年

人それぞれ異なる根管の形

感染部分を確実に取り除くためには、根管内をくまなく検査する必要があります。

しかし、根管の数・位置は歯の場所や種類によって変わり、人によっても形・長さが違います。

根管が湾曲していたり、歯の根にあたる側枝と呼ばれる部分がたくさんあったり、根管同士が繋がっていたりと様々です。

人それぞれ異なる根管の形

それぞれの根の状態に合わせた治療が必要

根管内は直接目で見ることができないので、計測機器と手先の感覚によって治療を行います。

根管の形が複雑で、症状も進行していると、手術は非常に難しくなります。

根管の状態に合わせて手術できる医師の豊富な経験と腕、機器の適切な使用が必要です。

根管形成も重要

根管形成とは、根管内の清掃のために根管を広げることと、適切な充填・修復のために根管を形づくることです。

きちんと顕微鏡で確認でき、消毒の機械で到達可能な、適切な形に仕上げることが成功の鍵です。

保険診療と精密根管治療の違い

根管治療自体は保険診療でも行える治療ですが、治療精度・成功率の高さから、精密根管治療(マイクロエンド)を選ぶ方が増えています。

精密根管治療は、最新の設備・材料を用いて行う保険適用外の自費治療です。

適切な治療方法をご選択いただくために、それぞれの特徴や違いをご紹介します。

保険診療の根管治療 精密根管治療(マイクロエンド)
細菌感染の除去
  • 目視で歯の状態を確認
  • 針のような器具で細菌を取り除く
  • 細菌除去の精度は低い
  • マイクロスコープなどで歯の状態を細かく確認
  • レーザーや超音波器具などで丁寧に細菌を取り除き、薬品で洗浄
  • 精度が高いため、除去率も高い
根管の封鎖(充填)
  • ゴム製の材料で詰める
  • 必要に応じて、MTAセメントなどの封鎖性の高い充填剤を用いる
支台築造
  • 金属のコア(土台)を用いる
  • 金属アレルギーに配慮したコア(土台)も使用できる

※加部歯科医院では、残っている歯の状態に合わせて選択

被せ物
  • 保険適応内の被せ物(銀歯など)を使用
  • 天然歯のように隙間のない、外れにくい被せ物を使用できるので、細菌が入りにくく虫歯にもなりにくい
  • 耐久性に優れ、金属アレルギーにも対応した被せ物を選ぶこともできる(種類はクリニックにより異なる)

※加部歯科医院では、院内技工所で一人ひとりの歯に合わせて作成

保険診療の根管治療とは

保険が適応される根管治療では、根管内を肉眼で確認します。
リーマーやファイルと呼ばれる針のような器具を手探りで動かして、細菌を取り除きます。

感染していない部分を傷つけたり、神経を取り逃したりしてしまう可能性があり、65%ほどしか消毒できないとも言われています。
そのため、精密根管治療と比べると、どうしても治療の精度は低くなります。

保険の根管治療は再発しやすい

なんとか感染部分を取り除けたとしても、保険で使用する材料による治療は、再発のリスクが高いです。

例えば、保険適応内で用いることが多いガッタパーチャと呼ばれるゴムでできた詰め物は、精密根管治療で使用するMTAセメントなどと比べると封鎖性に劣るため、細菌が入り込みやすくなってしまいます。

隙間から細菌が入り込むと、根尖性歯周炎は再発します。
再発した後の再根管治療は非常に難しくなり、成功率が大きく低下します。

精密根管治療とは

精密根管治療とは、自費診療で行う根管治療のことです。マイクロエンドとも呼ばれます。

細菌除去率を高める精密機器や、治療後の再感染リスクを下げる材料を使用するため、治療精度が高く、再発のリスクも低くなります。

  • 重い虫歯のため歯を抜くよう勧められたが、できれば自分の歯を残したい
  • 再発しない根管治療を受けたい
  • 以前虫歯治療を受けた歯が痛む

という方には、精密根管治療が大変おすすめです。

加部歯科医院で使用する機器・材料の例

加部歯科医院で使用する機器・材料の例

加部歯科医院の精密根管治療では、感染部分の消毒はマイクロスコープ(手術用実体顕微鏡)とCO2レーザーを使用して行います。

根管の充填(封鎖)には封鎖性の高いAHプラス・MTAセメントを用い、詰め物・被せ物(クラウン)は院内の技工所で一人ひとりにぴったりと合ったものを作成します。

医師の経験と治療技術が重要である点に変わりはありませんが、最新機器・材料の力を借りることにより、さらに精度を高めています。

加部歯科医院の精密根管治療

精密根管治療(マイクロエンド)で使用する代表的な器具・材料

マイクロスコープ(手術用実体顕微鏡)

細菌除去時・充填時の根管内の確認に使用します。

機器によって倍率は異なり、加部歯科医院では8~31.25倍のマイクロスコープを使用しています。

拡大しながらライトで明るく照らすことで、暗くて細い根管内を丁寧に確認できます。

マイクロスコープ(手術用実体顕微鏡)
マイクロスコープで拡大された歯
ラバーダム
ラバーダム

治療中の歯に細菌が入り込まないよう、隔離するために使用します。

唾液の中の細菌まで含めて排除しつつ、他の器具や薬剤からも口内を守る役割を持ちます。

CO2レーザー
CO2レーザー

感染部分の殺菌に用います。
感染した部分だけを、ピンポイントで殺菌できる点が大きなメリットです。

膿もレーザーで殺菌しながら丁寧に摘出することで、術後の経過が良好になる可能性が上がります。

超音波器具

細菌・汚れの除去に用います。

超音波振動により、歯を削りすぎずに細菌・汚れを削ぎ落とすことができます。

マイクロエキスカベーター
マイクロエキスカベーター

超音波器具と同じく、細菌・汚れの除去に使用します。

リーマー・ファイルでは対応しきれない複雑な形状の根管でも、細菌・汚れを徹底的に取り除くことができます。

加部歯科医院では、顕微鏡用の小さなエキスカベーターを採用しています。

MTAセメント
MTAセメント

治療後の根管の充填(封鎖)に用います。

歯に詰めた後膨張するため、根管を完全に塞ぐことができる詰め物です。
生体親和性が良好で、封鎖性・抗菌性も高い点が高い評価を受けています。

歯髄が感染していない場合に行う直接覆髄において、10年保つ確率は80%以上とされています。

再発しない根管治療を選ぶ重要性

「根管治療を受けた後は痛みがなくなったけれど、また痛くなってしまった」
「治療を受ける前より、強い痛みが出るようになった気がする」
「せっかく時間を作って根管治療を受けたのに、あまり良くならなかった」

こういったお悩みをお持ちで、当院にご相談にいらっしゃる患者様は少なくありません。
根管治療は難易度が高いため、正しく行えていないと、痛み・腫れなどの症状が再発してしまいます。

痛みが再発する理由

再発の主な理由は、下記のようなものです。

  • 感染組織の取り残しがある
  • 消毒が不十分で細菌が残っている
  • 被せ物(クラウン)が取れてしまい、細菌が入り込む(コロナルリーケージ)
  • 詰め物(充填剤)が隙間なく詰められていないため、細菌が侵入

再発すると悪化しやすい

被せ物が取れると再発しやすい

被せ物・詰め物が取れる・剥がれるなどの理由で細菌が入り込むと、80%の高確率で歯根の先まで到達します。

膿ができ、強い痛み・腫れを感じるようになります。

より難しくなる再根管治療

根管治療は、患部である歯の神経と周辺の歯を削り取る治療法です。
そのため、再治療を繰り返すごとに歯は薄くなります。

再根管治療の難易度は回数が増えるごとに高くなり、成功率が落ちます。
症状によっては、抜歯せざるを得なくなるケースもあるのです。

このような辛い思いをせずに済むよう、ぜひ1回目の治療から、再発しにくい精度の高い根管治療を受けていただきたいと当院は考えています。

放置・痛みの我慢は危険!

放置・痛みの我慢は危険!

一度根管治療を経験していると、症状が悪化するまで放置してしまう方が多くいらっしゃいます。
「前に根管治療を受けているから大丈夫」と考えたり、痛みを我慢してしまったりするようです。

その結果、治療を決意した頃には、1回目の治療を受ける前よりも悪い状態になってしまうことも珍しくありません。
痛みや違和感を覚えたら、できるだけ早く再根管治療を受けてください。

根管治療について

まずお気軽にご相談ください

月~金 10:00~18:00

03-3261-1569

初診メール予約