ホワイトニング

歯を白く明るく整えることで、なりたいイメージを実現する治療がホワイトニングです。

加部歯科医院では、歯の表面はもちろん、組織の中の変色した部分も白くできます。
被せ物・詰め物による審美歯科治療と、ホワイトニングを組み合わせることも多いです。

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは

マニキュアのようなもので歯を白く塗るのではなく、歯そのものの色を白く明るく整える治療です。

歯が白くなると、若々しい・明るい・健康そう、といったポジティブな印象を持ってもらえることが多いでしょう。

ホワイトニングがおすすめの方

  • どんなに丁寧に歯磨きしても、お茶・タバコのステイン汚れが取れない
  • 若い頃より、歯が全体的に黄色っぽくなった気がする
  • 古い詰め物の周りが茶色く汚れている
  • 虫歯治療の白い被せ物が周りから浮いている
  • 神経をとってしまった歯も、白く明るくしたい

一人ひとり似合う白さは異なる

一人ひとり似合う白さは異なる

「ホワイトニング」と言っても、ただ白く明るくすれば良いというものではなく、一人ひとりのなりたいイメージや、肌の色によって、目指すべき白さは変わります。

例えば、肌の色は大きく白・赤・黒に分類されます。
顔の肌が白い人は、赤・黒の人よりも、明るい白い歯が似合います。

歯の種類によっても色合いは変わる

歯は、場所によって微妙に色が異なります。最も明るいのは前歯です。

なりたいイメージを実現しながら、自然に美しく見せるためには、歯それぞれの個性も考慮する必要があります。

ホワイトニングの注意点

セルフホワイトニングは危険

セルフホワイトニングは危険

市販されているものや、個人輸入したホワイトニング用ジェルを使う「セルフホワイトニング」を行っている方もいらっしゃいます。

しかし、美しく見える白さは人それぞれなので、自己流では満足できないことも珍しくありません。

さらに、合わないホワイトニング剤によって重度の知覚過敏になったり、歯・歯茎に痛みを生じたりするリスクもあります。
危険なので、まずは歯科医院で診察を受けましょう。

ホワイトニングができないケースも

以下に該当する方は、ホワイトニングを受けることができません。

  • 妊娠中または授乳中の方
  • まだ治っていない虫歯や歯周病がある方
  • 漂白剤やラテックスにアレルギーがある方、無カタラーゼ症の方

安全のため、事前にしっかり確認する必要があります。
その他、金属イオンが溶け出して着色した歯を、ホワイトニングで白くすることはできません。

白い歯を保つためにはメンテナンスが必要

白い歯を保つためにはメンテナンスが必要

一度ホワイトニングを行ったとしても、色の濃い食べ物・飲み物を口に入れると、色が付きます。
特に、ホワイトニングの施術直後は色が付きやすいので、要注意です。

その後も白く美しい歯を長く保つためには、日頃の丁寧な歯磨きと、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。

加部歯科医院のホワイトニング

加部歯科医院のホワイトニングの診察

カウンセリングで理想を詳しくお聞きした上で、丁寧に診察を行い、一人ひとりに合わせたホワイトニング治療計画を立案いたします。
診察では、今の歯や歯茎の状態を、時間をかけて、しっかり検査します。

治療方法には、院内で行う「オフィスホワイトニング」と自宅での「ホームホワイトニング」があります。
着色の程度やご希望によっては、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせる「デュアルホワイトニング」をおすすめするケースもございます。

ダイレクトボンディングやラミネートベニア・セラミックなどによる審美歯科治療と、ホワイトニングを組み合わせて行うことも多いです。

オフィスホワイトニング

院内で、歯科医師・歯科衛生士が処置するホワイトニング治療です。

過酸化水素のジェルとライトを使います。
神経を抜いたために変色してしまった歯も、インターナルブリーチによって、白く明るく整えることができます。

オフィスホワイトニングの流れ

オフィスホワイトニングの流れ

※所要時間は1時間程度

施術後の注意事項

施術直後、一時的に炎症が起きたり痛みを感じたりする可能性がありますが、すぐに治まります。

施術後24時間は禁煙が必要な他、食事制限もございます。

24時間は避けた方が良いもの 施術後すぐ口にして問題ないもの
コーヒー 緑茶 紅茶 コーラ ジュース類 赤ワイン 柑橘類 カレー キムチ 味噌・醤油ラーメン チョコレート 色の濃い野菜(ほうれん草・トマト・きゅうり)など 水 牛乳 白ワイン パン 白米 ナッツ類 とんこつ・塩・バターラーメン 白身魚(醤油なし) フライドポテト 大根 里芋 お吸い物 など

施術後のメンテナンス

個人差もありますが、3~4ヶ月後に一度目の再施術、6ヶ月後に二度目の再施術を行うことによって、美しい仕上がりが長続きします。

それ以降も、虫歯・歯周病を予防しつつ美しい歯を保つために、定期的なクリーニングをおすすめしています。
加部歯科医院では、より効果的にクリーニングを行うために、専用の機械を使う「PMTC」を用意しています。

予防歯科クリーニング(PMTC)

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

処方するジェルと歯型(トレー)を使って、ご自宅で処置する方法です。

過酸化水素より効果がマイルドな過酸化尿素のジェルを使います。
ホームホワイトニングでも、虫歯・歯周病や歯茎の状態など、元の歯の確認は重要です。
必ず、医師の診察・指導の元で行いましょう。

ホームホワイトニングの効果の現れ方

ホームホワイトニングのみの場合、オフィスホワイトニングよりも、効果が出るまでに時間がかかります。

まずは2週間ほど連続で行うと、徐々に歯が白くなっていきます。
その後、約1ヶ月後に最初のメンテナンスが必要です。次は、3ヶ月後が目安となります。

なお、オフィスホワイトニングと同じく、処置の後は食事に注意する必要があります。

他の治療との組み合わせも有効

被せ物・詰め物による治療と、ホワイトニングを組み合わせることも多くあります。

歯の色をホワイトニングで明るく仕上げてから、部分的にダイレクトボンディングやラミネートベニア、クラウンによる治療を行う、という方法です。

より効果的に審美治療ができる

より効果的に審美治療ができる

組み合わせる場合は、元の歯の色ではなく、ホワイトニングで白くなった歯に合わせて、クラウンなどを被せます。

クラウンやダイレクトボンディングのみで審美歯科治療を行うより、美しく仕上がることが期待できます。

また、被せ物・詰め物による治療を行う箇所が減るので、健康な歯への負担が小さく、期間も費用も少なくできる場合があります。

トータルで美しい仕上がりを目指して

ホワイトニングの直後は、歯の色が変わりやすくなります。
そのため、組み合わせる場合は、ホワイトニング後の歯の色の変化や、被せ物・詰め物との調和など、あらゆる面を踏まえながら治療を進めることが必要です。

加部歯科医院では、歯の色・形・質感まで含めた、トータルの審美性を追求して治療を行っています。

審美歯科メニュー

ホワイトニングの症例写真

矯正治療と組み合わせた例

ホワイトニングと矯正治療を組み合わせた方の治療前
ホワイトニングと矯正治療を組み合わせた方の治療後

歯並び・色ともにお悩みだった患者様の症例写真です。

歯の形自体は治療不要でしたので、矯正治療で歯並びを整えた後にホームホワイトニングの処置を行いました。
見違えるほど美しく仕上がっています。

【治療にかかった費用】ホームホワイトニング3万円×1回、矯正治療100万円 合計103万円
【リスク・副作用】痛みや知覚過敏、ホワイトバンド・白い斑点が出ることがありますが、一時的です。処置の後は食事制限があります。

ダイレクトボンディングと組み合わせた例

ホワイトニングとダイレクトボンディングと組み合わせた方の治療前
ダイレクトボンディングを行った後
ホワイトニングとダイレクトボンディングを組み合わせた方の治療後

前歯2本の歯先の欠けと全体の黄ばみが気になっていた患者様の症例写真です。

ダイレクトボンディングで前歯を治療した後、オフィスホワイトニングで歯全体を明るく整えました。
歯の形を整える治療とホワイトニングを組み合わせることにより、少ない負担で美しい仕上がりを実現できます。

【治療にかかった費用】ダイレクトボンディング5万円×2本、オフィスホワイトニング3万円×4回 合計22万円
【リスク・副作用】痛みや知覚過敏、ホワイトバンド・白い斑点が出ることがありますが、一時的です。処置の後は食事制限があります。

ホワイトニングの費用

ホームホワイトニング ¥15,000~¥30,000
オフィスホワイトニング ¥30,000(1回)

精密審美歯科について

まずお気軽にご相談ください

月~金 10:00~18:00

03-3261-1569

初診メール予約