歯周病治療の重要性

歯周病治療の重要性

「歯ブラシに血がつくことが増えて気になるけど、まだ歯医者に行くほどではないかな」
「『歯周病に悩む人向け』の歯磨き粉を使っているから、歯茎の腫れは、そのうち良くなるはず!」
と考えていませんか?

歯周病は、基本的に自己流のケアだけでは改善できません。むしろ悪化してしまう可能性も高いため、早めの治療が必要です。

こちらでは、どうして改善できないのか、また、いざ歯周病治療を受けるために歯科医院を選ぶ時のポイントなど、歯周病治療を受ける前に知っていただきたい情報をご紹介いたします。ぜひ参考になさってください。

「歯周病かな?」と思ったら、まずは歯医者へ

「歯周病かな?」と思ったら、まずは歯医者へ

歯を磨いた時の出血や、歯と歯の間に食べたものが詰まるなど、歯周病の初期症状を感じていても、「できれば歯医者には行きたくない」と考えている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、一度歯周病にかかってしまったら、治療を受けない限り治りません。まずは歯医者に行き、歯周病かどうか診断を受けましょう。

仮に診断の結果、歯周病ではなかったとしても、今感じている症状の原因や、今後歯周病にならないための注意点など、歯の健康のために役立つ情報を得られるはずです。

加部歯科医院でも、あなたの歯並びや癖に合わせた歯磨き方法の指導や、歯周病の感染リスクまで検査できる歯科ドック、歯周病予防に効果的な予防歯科クリーニング(PMTC)などを行っています。

歯周病はセルフケアだけでは治りません

歯周病はセルフケアだけでは治りません

歯周病は、歯に付くプラーク(歯垢)中の細菌から出る毒素が、歯茎や歯を支える骨など、歯の周りの組織にダメージを与えることで発症します。
症状の改善には、プラーク中の細菌や、感染してしまった組織の除去が必要です。

すでに歯周病の症状を感じているということは、普段の歯磨きでプラークを取り除けていない可能性が高いです。このままでは更にプラークが増え、細菌が繁殖するでしょう。

また、プラークが唾液などと結合して硬い歯石となっていると、歯ブラシで取り除くことはできません。歯石の表面にはプラークがこびりつき、どんどん毒素を撒き散らします。

自己流の歯磨きだけを繰り返しても、細菌の大元を取り除かないことには、症状は悪化するばかりです。

歯磨き粉・うがい薬を使っているから大丈夫?

歯磨き粉・うがい薬を使っているから大丈夫?

市販されている、歯周病ケア用の歯磨き粉や、うがい薬。こういった商品の使用には、特に注意が必要です。

たしかに、歯磨きやうがいをした直後は歯周病による炎症を感じなくなるかもしれません。
しかし、表面上の炎症を一時的に抑えているだけなので、内側では細菌感染が進みます。
根本的な解決にはなりませんし、気づかないうちに歯周病の症状が悪化してしまう可能性もあります。

もちろん、歯科医院で歯周病治療を受けながら、日常的なケアにこういった商品を使用いただくことは問題ありません。歯医者の治療と組み合わせて、上手に活用しましょう。

痛みがないから大丈夫、という考えは危険です

痛みがないから大丈夫、という考えは危険です

歯周病は虫歯と異なり、初期段階で痛みを感じることはほとんどありません。
そのため自分では気付きにくく、いざ痛みを覚えた時には重症化していた、という方が多くいらっしゃいます。

痛みを感じるほど進行した歯周病の場合、細菌から出た毒素は組織の表面だけではなく、内側にもダメージを与えています。
そのため、治療には歯茎の一部を除去する外科治療や、特殊なレーザー・薬など、大がかりな治療が必要です。費用面や、心理的な負担が大きくなります。

早い段階で歯周病治療を始めると、歯医者で指導を受けて行う正しい歯磨きや、専門器具を使った歯垢・歯石除去だけで、歯周病が改善する可能性があります。
症状の悪化、治療の負担増を防ぐためにも、歯周病治療は早い段階で始めましょう。

歯周病治療を受ける歯科医院を選ぶポイント

歯周病治療はどこで受けても同じ、というものではなく、歯科医院によって、治療そのものはもちろん、治療を受けた後の経過も大きく異なります。

お一人おひとりの患者様と丁寧に向き合い、しっかり治療を進めていくことは当然ですが、歯周病治療の場合は他にも重要なポイントがあります。周りの方からの評判を聞く時や、ホームページを比較する際に、ぜひ参考にしてください。

歯周病治療はメンテナンスが重要

歯周病治療はメンテナンスが重要

歯周病は、一度治ったと思っても、再発してしまう可能性が非常に高い疾患です。
適切なホームケアをしないと、3ヵ月で除去した細菌たちが元に戻ってしまうというデータもあります。

生活習慣病の1つとも考えられている歯周病。生活習慣を完全に見直し、歯周病にならないような環境へと整えていくのは、そう簡単なことではありません。
そのため、定期的にメンテナンスを行い、歯周病が再発していないか、正しい歯磨きが行えているかなど、丁寧に確認していく必要があります。

メンテナンス・再発防止についてどのように考えているか、という点は、歯周病治療において大変重要です。

加部歯科医院のメンテナンス

加部歯科医院のメンテナンス

当院でも、歯周病治療後のメンテナンスを重視しています。

歯科衛生士を担当制でつけさせていただき、定期的に行うメンテナンスで、歯垢・歯石や歯の汚れを専門機器を使い丁寧に除去します。

メンテナンスと同様レントゲン撮影も定期的に行い、噛み合わせの変化もいち早く察知。歯周病が再発しやすい状況になっていないか、他の問題が起きていないか逐一確認しながら、歯磨きの癖も踏まえてアドバイスさせていただきます。

当院が目指すのは、10年・20年先の健康を考えた歯科医療です。歯の健康を長く保っていただくため、再発防止が最も大切だと考えています。

重度歯周病でも可能な限り抜歯を防ぐ治療法

重度歯周病でも、可能な限り抜歯を防ぐ

「重度歯周病」と言われるほど歯周病が進行すると、歯を支える骨が溶けてしまいます。一度溶けて失われてしまった組織は、自然に元に戻ることはありません。
「歯を抜くしかない」と言われてしまい、途方に暮れている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、歯の周りの組織の回復を可能にした治療があります。歯周組織再生療法です。
高度な技術や特殊な薬剤などが必要ですが、歯周組織再生療法を駆使することで、抜歯を防ぐだけではなく、治療後の審美性向上も実現できる可能性があります。

こういった治療のバリエーションも、歯周病治療を受ける上では非常に重要です。

加部歯科医院の歯周病治療

加部歯科医院の歯周病治療

当院では、エムドゲイン・リグロスなどの薬剤を使用した歯周組織再生療法のほか、レーザー治療や人工骨、抗生剤もご用意しています。
これらの治療を患者様の歯の状態に合わせて組み合わせる独自の治療方法によって、抜歯を宣告されたという数多くの歯を救ってまいりました。

また、歯周病によって歯茎が下がって長く見えてしまうという審美性の問題や、術後の負担軽減にも着目。歯周組織再生療法とレーザー・マイクロスコープなどの機器を効果的に組み合わせ、歯周病治療を行っています。

加部歯科医院の歯周病治療について

歯周病・歯周病治療について

まずお気軽にご相談ください

月・水・金 10:00~18:00
火・木 10:00~19:30

03-3261-1569

初診メール予約