歯周病(歯槽膿漏)治療

歯周病(歯槽膿漏)治療

「歯ぐきの出血が気になる」
「朝起きた時に口の中がネバネバする」
「時々、歯が浮いたような感じがする」
このようなお悩みはありませんか?
もしかすると歯周病が進行しているサインかもしれません。

歯周病は、お口の中に棲む細菌の出す毒素によって歯の周りの組織(歯肉、歯槽骨、歯根膜)が破壊され、最後には歯が抜けて落ちてしまう疾患です。
歯を失う最大の要因でありながら、初めのうちは症状がほとんど無いためにじわじわと進行を続け、気が付いた時には重症化してしまいがちです。

症状が無い、または症状が一時的であっても「まだ大丈夫かな?」と判断するのは危険です。
当院は歯を残す上で重要な歯周病治療を大切に考えています。我慢してしまう前にぜひ一度ご相談ください。

加部歯科医院の歯周病治療の3つのこだわり

「咬み合わせ認定医」による噛み合わせにも配慮した歯周病治療

「咬み合わせ認定医」が歯周病完治に向けた治療計画を立案

皆さんは噛み合わせも歯周病に大きく影響していることをご存知でしょうか。
歯周病は感染症ですから、噛み合わせの悪さ自体が歯周病を引き起こすわけではありません。しかし、一部の歯に強い力が加わってしまうことで、歯周病の症状を悪化させることがあります。

例えば、ボールがぶつかると「あざ」ができたり「たんこぶ」ができたりしますよね。
同じように、歯に力がかかり過ぎると、咬合性外傷といって歯のまわりに炎症が起こることがあります。こうなると、歯周病菌の毒素による炎症との相乗効果で歯周組織が急速に破壊されます。

噛み合わせの力とそれに耐えられる許容量は、歯の種類、年齢、環境などによっても異なりますから、歯周病の治療は問題のある歯1本だけでなく、患者様ひとりひとりに対して、噛み合わせを含めた口腔全体を確認しながら進めていく必要があります。

当院では日本顎咬合学会「咬み合わせ認定医」の立場から総合的に診断を行い、歯周病の完治に向けた治療計画を立案します。

レーザー・再生治療を駆使して、抜歯を宣告された歯も可能な限り保存

失われた骨を歯周組織再生治療で回復

歯周病が重度まで進行すると、歯を支える顎の骨が大きく失われます。残念ながら、一度失われた歯周組織は自然には元の状態に戻ることはありません。
しかし、歯周再生治療であれば破壊された歯周組織を回復させることが可能です。これまでは抜歯を余儀なくされてきたような重度歯周病のケースにおいても、歯周再生治療によって抜かずに治療できる可能性があります。
また、抜歯を防ぐばかりでなく、歯周病により歯茎が下がって歯が長く見えてしまうという治療後の審美的な問題も改善します。

当院では、エムドゲイン、リグロス、レーザー、人工骨、抗生剤等を、患歯の状態に合わせて組み合わせる独自の治療方法によって、抜歯を宣告されたという数多くの歯を救ってまいりました。

メンテナンスで歯周病の再発を徹底予防

専任の歯科衛生士が歯周病を徹底予防

歯周病は一度治癒しても、再発しやすい疾患です。適切なホームケアをしないと、3ヵ月で除去した細菌たちが元に戻ってしまうというデータもある程です。
そのため当院では治療後のメンテナンス、再発の防止を特に重視しています。

専任の歯科衛生士が患者様を担当し、チームで一丸となって歯周病予防に努めます。
定期メンテナンスでは歯石の除去に加えて、PMTC(歯のクリーニング)を行い、ホームケアではどうしても取り除くことのできない歯垢や歯の汚れを、歯科専門の機械で綺麗に落としていきます。
また、咬み合わせの変化をいち早く察知し、対応を行うことで、患者様の歯の健康と美しさを末永く維持するお手伝いをさせていただきます。

加部歯科医院の歯周病治療の流れ

加部歯科医院の歯周病治療の流れ

1.歯周病の検査・カウンセリング

歯周病の治療計画をたてるためのカウンセリング

治療に入る前にまずは検査とカウンセリングを行います。
歯周病は自覚症状の少ない疾患ですから、検査による客観的な分析が大切です。検査では、レントゲン写真の撮影に加え、歯周ポケットの深さや出血の有無、歯の動揺はあるか、噛み合わせに異常はないかなど、様々な項目を入念にチェックします。

カウンセリングでは、患者様の現在のお悩みや気になる点などを詳しく伺い、治療の目標を共有します。
口腔内・外の検査の結果とカウンセリングの結果を基に、治療計画を立てていきます。

基本検査項目

☑ 問診(既往歴など)
☑ 口腔内写真撮影
☑ 口腔内の清掃状態
☑ 歯肉の形態と色調
☑ 出血・排膿の有無
☑ 歯周ポケットの深さ

☑ 歯の動揺の度合い
☑ レントゲン撮影(顎の骨の確認)
☑ 知覚過敏
☑ 口呼吸をしているか
☑ 顎関節診査
など…

唾液を採取することで口腔内の歯周病原因菌を調べることが出来ます

細菌検査では歯周病リスクの診断が可能

さらに詳細な検査をご希望の方には細菌検査もご案内しています。
細菌検査では、より正確に歯周病の状態を把握することができます。

例えば、初期の歯周病では、まだ歯周ポケットなどの視認できる変化がそれほどありません。しかし、一見炎症も少なく問題のなさそうな状況でも、歯周病菌が増殖していることがあります。
また、一般的な慢性歯周病とは違い、症状が急速に進行する歯周病も存在します。
細菌検査を行えば歯周病の進行リスクの診断が可能になるため、無駄のない治療計画を立てることができます。

細菌検査は、唾液を採取して口腔内の虫歯菌の数や歯周病原因菌を調べる方法ですので、痛みも無く、30分程度で終了します。

2.症状に合わせた歯周病治療

軽度の歯周病の方へ

歯周病は細菌による感染症ですから、細菌の塊である歯垢(プラーク)をコントロールすることが重要です。
毎日のセルフケア(歯磨き)によって歯垢をうまく除去することができれば、たいていの場合、歯周病は改善に向かいます。よって歯周病治療の大きな目的は、セルフケアだけで歯周病が改善に向かう状況を作り出すこと、となります。 そのためにまず行うのが、歯磨き指導と、歯科での歯石・歯垢の除去(プロフェッショナルケア)です。

歯を磨く女性

歯磨き指導

歯磨き指導では、患者様の歯磨きの癖や力の使い方について客観的に把握していただきます。
患者様はそれぞれ歯並びが違います。また、それぞれに磨き方の「癖」があり、人によって歯垢・歯石の溜まりやすい場所というのは異なります。
「磨いている」と思っていても「磨けている」とは限らず、熱意のあまり力が入りすぎてしまっているようなケースもございますので、患者様に合わせて適切なブラッシングができるように指導をさせていただきます。

歯石除去で使用する手用スケーラー

歯垢・歯石の除去

日々のブラッシングでは落とすことのできない歯石や、どうしても溜まってしまう部位の歯垢については、超音波スケーラ-、グレーシースケーラ-を用いて綺麗にします。さらに、歯の表面をツルツルにして、歯垢が溜まりにくい環境を作ります。

歯磨き指導、歯垢・歯石の除去によって歯周病の改善サイクルを作り出します。

歯周病治療・クリーニング

中等度以上の歯周病の方へ

中等度以上に歯周病が進行すると、目で見えている部分(歯ぐきより上、歯肉縁上)だけでなく、歯肉の溝(歯周ポケット)の中の、歯の根の周りにも歯石や毒素が付着してしまいます。
歯石はスケーラーを用いて落としますが、歯周ポケットの奥深くに付着した歯石はスケーラーが届かないため、場合によっては歯茎を切開して歯石を取り除きます。

また、歯周病が進行すると歯肉の中にも歯周病菌の毒素が入り込んでいる場合もあります。この場合、問題のある歯肉を切除すれば歯肉内の細菌はいなくなりますが、それでは歯肉も無くなってしまうので、歯が長く見えてしまうなどの問題があります。

レーザーなら歯茎を切開せずに治療可能

レーザーは歯周ポケットの奥深くや歯肉の中の細菌・毒素を弱めます

レーザーの光は複雑な形をした歯周ポケットの奥にも届きます。
レーザーを照射すると、根面・歯肉溝内・歯肉内の細菌の活動を弱めることができます。同時に、レーザーの効果で免疫力が高まることで、歯茎の切開・歯肉の除去をすることなく、細菌を駆逐することが可能になります。
また、仮に重度の歯周病で切開を避けられないという場合にも、レーザーを併用すればレーザーの熱の持つ治癒促進効果によって、術後の治りも良く痛みも抑えられます。

失われた骨を歯周組織再生治療で回復

独自の術式で術後の負担も軽減。
抜歯を防ぐ歯周組織再生療法

重度の歯周病によって失われた歯周組織を回復する方法として、歯周組織再生療法があります。歯周組織を再生させることで歯を残せる可能性があるほか、歯磨き(セルフケア)による歯垢を除去しやすくなるため、歯周病が改善しやすい環境を作ることが出来ます。
一般に、歯周再生治療は治療効果こそ非常に高いものの、切開を伴うために痛みや腫れという患者様の負担が課題でした。そこで当院ではレーザーと、症状に応じてマイクロスコープ(歯科顕微鏡)を使用する独自の治療法によって負担軽減を実現いたしました。
レーザーのもつ治癒促進効果と、マイクロスコープの使用による治療精度の向上によって、従来の方法に比べてお痛みや腫れを大幅に減らすことが可能となっています。

3.歯周病治療後のメンテナンス

歯周病の治療後は、再発を防ぐための処置を定期的に行います。
処置と同様にレントゲン撮影も定期的に行うことで、治療前・治療後・メンテナンス中の歯や顎の骨の状態を確認、治療の評価・今後の予測を行いながら予防の計画を立てていきます。

普段の歯磨きでは歯の汚れは65%位しかとれていないので、歯垢が溜まりがちな場所や、ブラッシングでは落とせない歯石は、定期的に歯科医院で綺麗にする必要があります。
当院ではスケーラーや、歯間ブラシなど使用して汚れを落とすほか、より効果の高い歯のクリーニング(PMTC・エアフロー)も行っています。

PMTCで使用する専用の機械

歯周病の発生率を大幅に抑えるPMTC

毎日のブラッシングでは落としきれない歯垢や汚れを、専用の器具を用いて落とすのがPMTCです。
歯周病(歯槽膿漏)・口臭の予防、虫歯・知覚過敏などの進行を抑制する効果があります。
スウェーデンでは、PMTCを行っている患者は、虫歯・歯周病の発生率が半分以下まで下がるというデータが報告されており、当院でも歯周病予防の徹底のために実施しています。

また歯垢だけでなく、歯の黄ばみや着色汚れも除去が可能で、歯の本来の輝きを取り戻すことができます。
健康的かつ見た目にも美しい歯を維持するために、定期的なPMTCをお勧めします。

表面を傷つけずに歯垢や汚れを落とすエアフロー

インプラントも傷つけない!
着色汚れと細菌を綺麗に落とすエアフロー

エアフローは超微細な粒子とジェット水流を歯面にあてることで、歯を綺麗にする方法です。喫煙によるヤニや、茶渋などによる着色を除去するのに適しているほか、当院が導入しているスイスEMS社製エアフローでは、歯に強固に付着した細菌の塊も落とすことが出来ます。
特殊なパウダーを用いることで、セラミックやインプラントでも表面を傷つけることなく清掃できるので安心です。

歯周病治療のよくある質問

歯の痛みはないのですが、歯周病が気になります。診療をお願いしてもよいのでしょうか?

もちろん構いません。むしろ、歯周病は自覚症状のないままに進む病気ですので、痛みや臭いなどが無くても実は進行している、ということもあります。
悪化してから対処するというより、予防することが何よりも大事ですから、特に現在お困りの症状が無くても、遠慮なく予防クリーニングにお越しください。

健康保険は適用されますか?

レーザー治療、歯周再生治療や、メンテナンスでのPMTC・エアフローは保険適用外です。
これら自費診療となる施術をご希望の方や、こちらからご提案させていただく場合には、事前に十分なカウンセリングを行って治療内容をご説明します。費用についても、明確なお見積りをご提示いたしますのでご安心ください。

どうして保険の適用されない治療があるのでしょうか?

保険診療はあくまで、ある症状に対する必要最低限の処置という位置付けです。
保険では治療方法や使用してもよい素材についても指定があります。
そのため、「より良く治す」「より不快感の無い治療をする」「仕上りを美しくする」といった、付加価値の伴う治療は保険の枠内で行うことができません。

また、「予防処置」も保険の枠内で行うことができません。PMTCやエアフローなどは、非常に効果的な予防法なのですが、症状に対する処置ではありませんので、自費診療になってしまいます。
一見、自費診療は保険での処置に比べると高額に感じてしまうかもしれません。
しかし、歯は全身の病気にも関係しています。歯の残存数が多いほど生涯医療費は下がるというデータもあるように、健康的な口腔環境を維持することは、きっと患者様にとってかけがえのない財産となるはずです。
患者様の同意なしに自費の治療を行うことは決してございませんので、自費診療に興味があるという方はお気軽にご相談ください。

九段下で歯周病の治療・予防なら加部歯科医院へ

九段下で歯周病の治療・予防なら加部歯科医院へ

皆様が日々歯を磨き、歯を使って食事をし、会話をしているように、歯との付き合いは生涯続くものです。
加部歯科医院では、悪くなった歯の「治療」だけでなく、治療後も継続的なメンテナンスによって、歯の病気を「予防」することこそが歯科の大切な使命であると考えています。

加部歯科医院は開院以来40年以上にわたって、地域の皆様のお口の健康に携わってまいりました。これからも九段下の地で、患者様が生涯にわたってご自身の歯を大切にし、豊かな人生を送ることができるように、常に最新の歯科医療を取り入れながらサポートさせていただきます。

皆様のご要望やライフスタイルに合わせた治療・予防法をご提案しますので、現在歯のことでお困りという方も、あるいは今は病気は無いけれどこの先も健康な歯を維持していきたいとお考えの方も、ぜひお気軽にお問合せください。

Copyright © KABE DENTAL CLINIC. All rights reserved.