入れ歯・かぶせ物

入れ歯・その他 入れ歯が合わないとお顔の表情が変化し、上手く喋れない、すぐに外れてしまう、また咀嚼力の低下にも繋がります。
これから入れ歯をお考えの方、ご使用中の入れ歯が合わないとお悩みの方はお気軽にご相談ください。コアについてもお口の状態をしっかり診察した上で治療に入ります。

当院の入れ歯・かぶせ物へのこだわり

患者様の口に入る歯の詰め物や被せ物(銀歯や金歯、差し歯など)や入れ歯は、歯科技工士という国家資格を持った職人が作成しています。
歯の大きさや形、噛み合わせは一人ひとり異なり被せ物に既製品はありません。
一本の詰め物から総義歯まで全て患者様それぞれの歯型に合わせて歯科技工士が手作りしている完全オーダーメイドなのです。

そのため、院内に歯科技工所を併設し、迅速で柔軟な対応にこだわっています。

入れ歯やかぶせ物を院内で作成し迅速に対応

技工士の仕事の様子 当院では、歯科技工士が被せ物などを作成する院内ラボ(歯科技工所)を併設しています。
通常、歯科医院に院内ラボはなく各歯科医院が、別の場所にある歯科技工所へ作成を依頼しています。
歯科技工所へ依頼する場合、郵送などの時間がかかるため型取りからセットまで長く時間が必要となりますが、当院では院内ラボを併設することにより早く被せ物をセットすることが可能です。
また院内に歯科技工士が常駐しているため、被せ物の調整や入れ歯の修理など来院された当日中にお直しすることができます。

歯科技工士と直接相談して希望の仕上がりに

患者様とのお話し合い 審美性が重視される前歯や白い被せ物は作成する歯科技工士が直接患者様とお話し合いをしてご希望の歯のイメージを共に作り上げ、口の中を拝見させていただくことにより、色や形を自然で違和感のない仕上がりにすることができます。

当院の歯科技工士が製作した補綴物(つめ物・かぶせ物)

補綴物 補綴物 補綴物

入れ歯の種類

部分入れ歯

部分入れ歯はクラスプという金属のバネを歯に引っ掛けるタイプになります。

保険・・・このタイプの部分入れ歯は噛む力も本来の歯の20~30%とそれ程高くありません。

自由診療・・・噛む力がより高く、バネを隠せる為審美性にも優れています。

マグネット入れ歯

歯の根が何本か残っている状態で、歯根にマグネットを付け、入れ歯の装着力が増したものが、マグネット入れ歯です。マグネット入れ歯にすると、ズレにくいため、より良く噛めるようになります。

総入れ歯

歯が一本も残っていない場合には総入れ歯になります。お口の状態や噛み合わせを考慮し、最適な入れ歯をお作りいたします。

保険・・・プラスチックのもので、修理がしやすいのが特徴です。

自由診療・・・義歯床が薄い金属で出来ており、違和感がないのが特徴です。

かぶせ物の種類

インプラント義歯

インプラントを固定源とし、義歯を安定させることによって、咬める義歯を装着する治療方法です。 欧米の統計ではインプラント義歯は従来の指し歯や入れ歯に比べて最も長期間使えるということが報告されています。

ゴールドコア(歯の土台)

ゴールドコア(歯の土台)

コアの金属を金にすることにより、金属イオンの流出を最小限に抑えます。金は特有の性質上、金属アレルギーを起こしにくく、体に優しい金属です。特有の弾性があり、破折を防ぎほとんど錆びることはありません。

金属の溶け出しによる歯ぐきの変色を防ぐ

金属アレルギーなどが起こる可能性が低い

割れにくく、錆び辛い

適合に優れ、二次的な虫歯になりにくい

グラスファイバーコア(歯の土台)

グラスファイバーコア(歯の土台)

歯に近い弾性を持っているため、歯より硬い金属性のメタルコアに比べて歯根破折のリスクを激減させ歯の寿命を延ばすことが可能です。

金属の溶け出しによる歯ぐきの変色を防ぐ

金属アレルギーなどが起こる可能性が低い

光の透過性が高いので自然で透明感のある歯を再現できる

Copyright © KABE DENTAL CLINIC. All rights reserved.