入れ歯・かぶせ物

入れ歯・その他 入れ歯が合わないとお顔の表情が変化し、上手く喋れない、すぐに外れてしまう、また咀嚼力の低下にも繋がります。
これから入れ歯をお考えの方、ご使用中の入れ歯が合わないとお悩みの方はお気軽にご相談ください。コアについてもお口の状態をしっかり診察した上で治療に入ります。

入れ歯の種類

部分入れ歯

部分入れ歯はクラスプという金属のバネを歯に引っ掛けるタイプになります。

保険・・・このタイプの部分入れ歯は噛む力も本来の歯の20~30%とそれ程高くありません。

自由診療・・・噛む力がより高く、バネを隠せる為審美性にも優れています。

マグネット入れ歯

歯の根が何本か残っている状態で、歯根にマグネットを付け、入れ歯の装着力が増したものが、マグネット入れ歯です。マグネット入れ歯にすると、ズレにくいため、より良く噛めるようになります。

総入れ歯

歯が一本も残っていない場合には総入れ歯になります。お口の状態や噛み合わせを考慮し、最適な入れ歯をお作りいたします。

保険・・・プラスチックのもので、修理がしやすいのが特徴です。

自由診療・・・義歯床が薄い金属で出来ており、違和感がないのが特徴です。

かぶせ物の種類

インプラント義歯

インプラントを固定源とし、義歯を安定させることによって、咬める義歯を装着する治療方法です。 欧米の統計ではインプラント義歯は従来の指し歯や入れ歯に比べて最も長期間使えるということが報告されています。

ゴールドコア(歯の土台)

ゴールドコア(歯の土台)

コアの金属を金にすることにより、金属イオンの流出を最小限に抑えます。金は特有の性質上、金属アレルギーを起こしにくく、体に優しい金属です。特有の弾性があり、破折を防ぎほとんど錆びることはありません。

金属の溶け出しによる歯ぐきの変色を防ぐ

金属アレルギーなどが起こる可能性が低い

割れにくく、錆び辛い

適合に優れ、二次的な虫歯になりにくい

グラスファイバーコア(歯の土台)

グラスファイバーコア(歯の土台)

歯に近い弾性を持っているため、歯より硬い金属性のメタルコアに比べて歯根破折のリスクを激減させ歯の寿命を延ばすことが可能です。

金属の溶け出しによる歯ぐきの変色を防ぐ

金属アレルギーなどが起こる可能性が低い

光の透過性が高いので自然で透明感のある歯を再現できる

Copyright © KABE DENTAL CLINIC. All rights reserved.