審美精密インプラント

インプラントとは、顎の骨に人工歯根を埋入し、その上に人工の歯を装着させる治療法です。しっかり噛んで食事をすることができ、入れ歯のように手入れもいらず、天然歯と遜色の無い快適な生活が可能になります。
インプラントは非常に優れた治療技術ですが、かといって全てのケースでベストな選択肢とは限りません。 当院では、総合的な口腔内の診断に基づいて最も最適な治療計画の一環としてインプラントをより有効な治療技術として提供しています。

先端技術による加部歯科医院のインプラント治療

歯科用マイクロスコープOPMI pico MORAの使用

歯科用マイクロスコープOPMI pico MORA

最新の歯科用顕微鏡です。肉眼でも拡大鏡でも見えなかった部分が観察できますので、治療精度が格段に向上します。
インプラントを始めとして細かな手術の精度を向上させる為には必須アイテムと考えています。

シンプラント

シンプラント

CT撮影の画像データを解析して、インプラントのシュミレーションを行う為の最新のソフトウェアです。あごの骨の状態や神経の位置を正確に把握し最善の治療方針を立てることが可能になります。確実で安全なオペには欠かせません。

手術用照明灯 SKYLUX製ユニバース

手術用照明灯 SKYLUX製ユニバース

脳外科や整形外科で使用されている広光野手術用照明灯を使用しています。
わずかな影も残さず患部を照らし出すことにより、精密な治療を行うことが出来ます。

インプラント治療の流れ

歯ぐきを開いて、顎の骨にインプラントを埋入するための穴を開けます。

歯ぐきを開いて、顎の骨にインプラントを埋入するための穴を開けます。

しっかりと固定するようにインプラントを埋入し、歯茎を閉じます。

しっかりと固定するようにインプラントを埋入し、歯茎を閉じます。
※3~6ヶ月間はインプラントと骨がしっかりと結合するまで治療を待ちます。

骨とインプラントが結合したら、歯茎を開いてインプラントの頭を出します。

骨とインプラントが結合したら、歯茎を開いてインプラントの頭を出します。
※2~4週間は歯茎が治療するまで待ちます。

被せものを作成するために型とりをします。

被せものを作成するために型とりをします。
※1~2週間は歯茎が治療するまで待ちます。その間に人工歯を作成します。

人工歯をインプラントに装着、お手入れの方法などを練習して完成となります。

人工歯をインプラントに装着、お手入れの方法などを練習して完成となります。
※インプラントの治療期間は個人差がありますので医師にお問い合わせください。

インプラント術後の注意事項

うがい・・・うがいすると止血が遅れ、痛みや治癒能力が下がります。

抗生物質・・・術後は必ず服用し、飲みきってください。

食事・・・刺激のあるものや熱いものは避け、柔らかいものを食べるよう心がけてください。

喫煙・飲酒・・・術後2週間は控えてください。

運動・・・術後3日程は運動は避けましょう。

お風呂・・・湯船には入らず、シャワー程度にしましょう。サウナの入浴は3ヶ月避けましょう。

インプラントのよくある質問

インプラントはここ数年で急速にその名を知られるようになりましたが、まだまだインプラントについての知識があまり浸透されていないのと、インプラント手術に対する不安もあります。
インプラントに関するよくある質問をまとめましたので、ご参考下さい。

インプラントの手術は痛みや腫れはありますか?

お口の中のみに局所麻酔をするので手術中の痛みはありません。ですが、麻酔が切れてからは全く傷口の痛みが無いわけではありません。
手術後に痛みや腫れが出ることもありますが、通常はすぐに治まります。

インプラントを埋入することで体に影響は無いのですか?

インプラント身体はチタンで出来ているのですが、チタンは体には全く無害な材質だと言われております。
チタンに対するアレルギーは報告されていません。

インプラントのメリットって何ですか?

  • ブリッジや入れ歯と違い隣の歯を削ること無く健康な歯を傷つけることがありません。
  • インプラントは、天然歯とほとんど同じかまたはそれ以上の感覚で噛めます。
  • 取り外し式の入れ歯に代わり、固定式の歯を入れることが可能になります。
  • 入れ歯のように金属のバネが無く、異物感も少なく審美的にも優れています。
  • 天然歯と同様に歯槽骨にぴったりと結合するのでグラつきも無く外れる心配もありません。
  • 顎の骨を健康に保つことができます。
  • 安定した噛み合わせを長期間保つことが可能です。
  • しっかり噛めるので食事を楽しめます。
  • 噛みあわせが正しくなると骨格バランスが全身で改善され若返り効果もあります。

反対にインプラントのデメリットって何ですか?

  • 治療期間が長期となります。
  • 外科的手術が必要になります。
  • 保険対象外となるので自費診療となります。
  • インプラントを維持するためには十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要です。

インプラントが出来ない人はどんな人ですか?

  • 16歳未満の方(骨の成長が終了していないため)
  • 骨粗鬆症の方
  • 妊娠中の方
  • アルコール依存症の方
  • チタンへのアレルギーを持っている方

歯が1本も残っていなくてもインプラントは可能ですか?

患者様の歯が一本も残っていなくてもインプラントは可能です。その場合には上顎と下顎に各5~6本のインプラントを埋め込んで義歯を支えます。

抜けた歯の数だけインプラントをするのですか?

そうとも限りません。骨の状況等に応じて、数本のインプラントを埋入し、それを土台として連結歯を被せることも可能です。

手術時間はどれ位かかりますか?

インプラントの本数によって異なりますが、30~60分程度です。また、埋入手術と骨の再生治療を同時に行う場合では、60~90分程度かかります。

手術の際は入院が必要ですか?

1次手術も2次手術も入院の必要はありません。手術した当日にご帰宅できます。

治療期間はどれ位かかりますか?

インプラントの本数や、埋入する箇所によって差はありますが通常3~6ヶ月になります。
インプラントの種類によっては1日で仮の歯をすぐに入れることも可能です。

治療期間中は歯が無い状態で過ごすのですか?

治療期間中は仮歯を入れます。見た目も食事をすることも問題はありません。

治療費はどれ位かかりますか?

インプラント治療は保険が適用されないため、自費診療となります。
インプラントの本数や、人工歯の種類、現在の患者様のお口の状態によって異なりますので、担当医とよくご相談し、十分に納得されてから治療に入ります。

周囲の歯が悪くなった時には影響はありますか?

インプラントは周囲の歯が虫歯になったり抜歯をしても作り直す必要がありません。
ただし、歯周病や歯槽膿漏の場合はインプラントの安定性に問題が生じます。
インプラントが脱落を防ぐために定期健診で早期発見・早期治療を心がけましょう。

自分の歯と同じように噛むことができますか?

インプラントは顎の骨としっかりとくっついて丈夫な土台となります。
以前の健康な歯のように、リンゴや煎餅のような固いものもしっかりと噛むことが可能です。

コーヒーやワインなどによって新しい歯が変色することはありますか?

天然歯と違って着色することはほとんどありません。

インプラントはどの位もちますか?

最近のデータでは10年以上前にインプラントをした方のうち97%以上は全く問題なく経過していることがわかっています。
材質的には半永久的に持ちますが、手入れ次第でインプラントの寿命は長くもなり短くもなりえます。

インプラントの手術後のお手入れはどうするのですか?

インプラントは正しくきちんとお手入れすればそれだけ寿命が延びます。
歯ブラシは勿論、歯間ブラシを必要とすることもございます。担当医や歯科衛生士がお手入れ方法を指導させて頂きます。
インプラントをより長くご使用していただくためには定期健診を受け、担当医からのチェックと指導が大切になります。

医療費控除の対象になるって本当ですか?

インプラント治療の殆どの場合が、医療費控除の対象になります。
1年間に多額の医療費を原則的には10万円以上支払った人は確定申告をすれば税金が戻ってきます。

Copyright © KABE DENTAL CLINIC. All rights reserved.