虫歯治療

虫歯治療 虫歯、歯周病は、歯を失う疾患です。始めは症状がほとんど無い為にじわじわと進行してしまい、気付いた時には手遅れになってしまいがちです。
一生自分の歯で暮らす為に、美味しい食事を楽しむ為にも早めの治療、対策のお手伝いをさせて頂きます。

虫歯の原因

虫歯の原因となる菌は、5ミクロンと非常に小さく目に見えません。数が多くなると白い垢のようにみえるので歯垢とも呼ばれますが、実際は細菌塊であり1グラムにおよそ1億個以上もいると言われています。
実は、虫歯菌が増えるタイミングがあります。それは糖が摂取されたときです。糖を餌にし、虫歯菌はバリアーを張りながら、外側に酸を出します。これが虫歯の始まりです。歯の表面のエナメル質内のカルシウム、カリウム等がどんどん溶けだしスカスカになっていきます。つまり毎食後、おやつを食べた後、例えば牛乳を飲んだ後さえも虫歯になっているのです。
しかしながら虫歯菌塊は、歯の表面から剥がれ落ちる事があります。剥がれ落ちると、唾液からカルシウムやカリウムが歯に戻ってくる再石灰化がおきます。これを人工的に行うための道具が歯ブラシ・デンタルフロス・歯間ブラシです。再石灰化は歯の表面のエナメル質でおきます。エナメル質の下には象牙質がありますが、ここまで進んでしまうともう再石灰化できません。詰め物の下からの虫歯が急速に進んでしまうのは、無防備な象牙質に虫歯菌が感染し歯を溶かし破壊するからです。

虫歯の治療

虫歯治療の様子 虫歯の深さがある一定以上になると、唾液による再石灰化プログラムでは追いつかず、奥に奥に進みだします。まだしみてこなくても要治療の状態です。
小さな虫歯の第1選択治療はコンポジットレジンによる修復です。直接お詰めするので、ダイレクトコンポジットとも言います。場所によっては直接詰めにくい様な難しい個所の治療や、シビアな審美性が求められるような場合も、最近の技術や材料の進歩により適用可能な範囲が広がってまいりました。
大きく虫歯になってしまった場合や、すでに銀歯が入っている周りからの虫歯は、治療がさらに難しくなります。再度、銀歯で治療もできますが隙間が出来やすく歯より硬いので慎重なメンテナンスが必要です。金歯の精度はピカイチですが、審美性に問題があります。セラミックインレーは審美性が高く、歯に接着剤でつけるため虫歯になりにくいですが、大きな力がかかると割れる事があります。お口の中の環境、かみ合わせの状態等を総合的に考慮し治療方法を選択する必要があります。

虫歯の予防

虫歯の治療はじつは非常にむずかしい事がわかって頂けたと思います。治療としては詰めたりかぶせたりいたしますが、それは治っているのではなく歯を他の材料に置き換えたに過ぎないからです。新しい虫歯をつくらない事が何より歯の寿命を延ばすことにつながります。20本の歯があれば、ご自身の歯で噛む事が出来ますが、80才時点での日本の達成率は10%以下です。アメリカでは50%以上あります。
当医院では、適切なブラッシング・フロッシング、フッ素入り歯磨き粉の使用、シュガーコントロール(糖の摂取回数の調整)、早期発見早期治療、プロフェッショナルケアにより若年期から徹底的に予防するお手伝いをさせて頂きます。

虫歯治療の種類

コンポジットレジン修復・・・銀歯のように目立つことなく、審美的にも優れています。

ゴールドインレー・アンレー・・・金属アレルギーの心配も無く安心して永くご使用いただけます。

ゴールドクラウン・・・隣の歯や噛み合う歯などの健康な天然歯にも負担をかけません。

ハイブリッドセラミックインレー・アンレー・・・審美性もあり、割れにくいのが特徴です。

セラミックインレー・・・周りの歯の色と調和し、自然な仕上がりになります。

虫歯治療Q&A

仕事で忙しいのですが、虫歯は何回くらいで治るんですか?

虫歯の大きさによって個人差はありますが、1~3回です。

デンタルケアQ&Aー治療しないで良い虫歯とは?

※YouTube限定動画(YouTubeへジャンプします)

Copyright © KABE DENTAL CLINIC. All rights reserved.